勝毎ビジネス -KACHIMAI BUSINESS-

北海道十勝の企業情報サイト「勝毎ビジネス」

勝毎ビジネスは地元経済の専門サイトとして、ローカルな企業情報を提供します。十勝には、商工業にかかわる1万6000余の事業所があります。その中には全国、世界へ飛躍する企業も存在し、基幹産業である農業の発展とともに注目されています。人口減少という地域課題を抱えているものの、豊かな自然に恵まれた大地を背景に、さらなる発展の可能性を秘めた十勝。U・I・Jターンを誘発し、地域がより豊かになることを目指し、積極的に情報を発信します。

  1. 勝毎ビジネス
  2. 卸売・小売業
  3. 東北海道いすゞ自動車

東北海道いすゞ自動車

「農畜産向け脱着ボデー車」開発で道知事賞に

 1954年に設立。道東一円を営業エリアとしていすゞ製、フォード製の自動車販売にとどまらず、農業や環境関連機械の開発など多分野にも注力している。農業関連機械製品の開発設計や販売も手掛け、74年には自走式農業機械製作、販売を開始。スラリーローリーの開発にも成功し業績を伸ばした。97年にはたい肥散布など用途別の各種コンテナを一台のトラックで積み下ろしができる「農畜産向け脱着ボデー車」の開発で道知事賞を受賞している。高薄健社長は帯広自動車販売店協会会長を務め業界のけん引役も担っている。

十勝の社長に聞くTop Interview
十勝の社長に聞く

Vol.1 十勝の自動車販売状況

Vol.1 十勝の自動車販売状…



 十勝は、古い車を所有している人が多い。高齢になり、最後だからと古い車にずっと乗っている人もいる。北見、帯広は10年以上の(古い)車が60パーセントに届く。ただ業界としては、地方に住んでいる人の足として現在の(新しい)車に変えてもらいたい。それは営業努力にもなる。

軽自動車登録台数の増減
 軽自動車の登録台数が2015年11月に伸びたのは一時的で、全体としては減っている。軽自動車税のアップが要因だが、今後の見通しでは消費増税10パーセントを控え、駆け込み需要があるのでは。業界の全体の需要予測は、人口の減少とともに台数は減ると考える。

創立50周年を迎える帯広自動車販売店協会の会長として
 業界が正常に発展し、安定的に各社が経営できるように一層力を入れなくてはいけない。これが会長としての責任。「日進月歩」の業界で、これから本当に勉強をしないと続けることができない職業。

Vol.2 企業理念の考え

Vol.2 企業理念の考え



 将来にとって最良と思えることに対し、自分の人間性や学びをもとに、限界に挑戦してもらいたい。自分自身に打ち勝つ人間づくりをしてほしいということが基本にある。

人材育成の取り組み
 人格を磨いてもらうため、教育研修には費用をかけている。最新技術を習得してもらおうと15年前から、東京に最短1年、最長3年、のべ68人送り出した。いすゞメーカー本社に3年勤め、生産ラインや試作設計の業務に入った人も。戻ってくると大企業の合理化、新しいシステムを伝えてくれる。また、本社研修に行った人がいない間に次の世代も育つ。
 頭を使い、成長しなくては自分の将来は見えてこない。精一杯やると失敗しても充実感がある。それを土台に次のステップに進んでほしい。

Vol.3 「環境部門」の展開と可能性

Vol.3 「環境部門」の展開…



 幅広く農業を支援するのが「環境部門」。協力できるのは、バイオガス発電のガス発生装置。鹿追のバイオガス発生装置にも取り組んでいる。また私たちの製品には水素ガスエンジンはないが、ホンダやトヨタには水素ガス自動車があり、公害も発生しない。将来的には水素ガススタンドや天然ガススタンドも可能性がある。

TPPの業界への影響
十勝は農業で支えられている。TPPは自動車業界としては悪くない。しかし、農家は(特に)加工食品を扱っているところは厳しくなるのでは。

高薄健(たかすすき・たけし)

高薄健(たかすすき・たけし)1946年11月11日、深川市生まれ。東北海道いすゞ自動車代表取締役社長。日本大学卒。69年に東北海道いすゞ自動車へ入社。父の跡を継ぎ、91年に社長に就任。宝勝物流株式会社代表取締役会長。帯広自動車販売店協会会長、十勝交通育英会理事長、帯広市防火管理協会会長、帯広警察官友の会会長。帯広国際カントリークラブ理事長。帯広商工会議所常任理事。

  • 1
  • 2
  • 3

Business News
勝毎電子版 関連記事

企業情報Information
企業情報

法人名 東北海道いすゞ自動車
ヒガシホッカイドウイスズジドウシャ
創業 1954年(昭和29年)6月
代表者 代表取締役社長 高薄 健
業種 小売業
資本金 1億2870万円
従業員数 249人
所在地 〒080-2460
帯広市西20条北1丁目3番2号
TEL 0155-58-1211
FAX 0155-58-1230
WEB
年商 2015年3月期 116億4600万円
2014年3月期 115億4000万円
2013年3月期 101億4200万円
2012年3月期 95億6900万円
2011年3月期 93億4000万円
2010年3月期 93億3500万円
髙薄 健 代表取締役社長
髙薄 宏徳 専務取締役
坂東 一良 取締役営業本部長
松田 正信 取締役管理本部長
紺野 隆彦 取締役環境事業部長
小佐野 隆正 取締役
髙薄 充 取締役
菅野 宗春 監査役
伊藤 良一 監査役
須田 健一 執行役員 帯広支店長
青木 明 執行役員 釧路支店長
林 利美 執行役員 北見支店長
長谷川 秀憲 執行役員 副本部長

主な役職者名

東北海道いすゞ自動車株式会社 北見支店
北見市栄町1丁目3番地5
東北海道いすゞ自動車株式会社 釧路支店
釧路市鳥取南5丁目11番8号
東北海道いすゞ自動車株式会社 中標津支店
標津郡中標津町東13条南1丁目1
東北海道いすゞ自動車株式会社 紋別営業所
紋別市渚滑町2丁目37番地
東北海道いすゞ自動車株式会社 網走営業所
網走市字三眺12番地
東北海道いすゞ自動車株式会社 本別営業所
中川郡本別町字上本別21番地

支社・支店関連会社等

沿 革
1954年 東北海道いすゞ自動車株式会社設立
1959年 小型トラック・乗用車部門の販売会社「道東いすゞモーター株式会社」を分離独立
1995年 東北海道いすゞ自動車株式会社と道東いすゞモーター株式会社が合併
1997年 東邦自動車株式会社を合併、フォード車の販売開始
2002年 家畜糞尿堆肥化施設の販売開始
2005年 ヒュンダイモータージャパンのサテライト店登録
2012年 帯広支店新工場落成、本社を大通南7から西20北1に移転

新型「GIGA」

高い信頼を得た商品が「運ぶ」を支えます。
2015年新型「GIGA」登場。

KACHIMAI BUSINESS勝毎ビジネス