勝毎ビジネス -KACHIMAI BUSINESS-

北海道十勝の企業情報サイト「勝毎ビジネス」

勝毎ビジネスは地元経済の専門サイトとして、ローカルな企業情報を提供します。十勝には、商工業にかかわる1万6000余の事業所があります。その中には全国、世界へ飛躍する企業も存在し、基幹産業である農業の発展とともに注目されています。人口減少という地域課題を抱えているものの、豊かな自然に恵まれた大地を背景に、さらなる発展の可能性を秘めた十勝。U・I・Jターンを誘発し、地域がより豊かになることを目指し、積極的に情報を発信します。

  1. 勝毎ビジネス
  2. 飲食店宿泊業
  3. 株式会社エイムカンパニー

株式会社エイムカンパニー

1999年、現社長の佐藤慎吾氏が、帯広市内中心部でパブ「ジェイルハウス」を始めたのが最初。2002年、現在の礎となる「十勝和鮮食場一心」を、市内西1南10に開店した。「十勝の魅力を世界に発信する」を企業理念に、地元食材の開拓のため、佐藤社長自ら生産現場に出向き、生産者とのつながりを深め、直接取引する方法で、十勝産や北海道産の食材をメーンとした料理を値ごろ感ある価格で提供することを実現。経費管理の徹底と従業員への教育カリキュラムといった独自のノウハウと組み合わせた経営により、短期間で居酒屋中心に店舗を拡大させ、売り上げも伸ばしてきた。近年は、さらなる店舗拡大を目指し、食材調達や教育ノウハウを提供しロイヤリティをもらう「ライセンス店」の展開にも着手している。

十勝の社長に聞くTop Interview
十勝の社長に聞く

Vol1. 地場食材へのこだわり

Vol1. 地場食材へのこだわ…



「十勝の魅力を世界に発信する」が経営理念。十勝や北海道の食材を使用したメニューを提供する居酒屋など16店を持つ。十勝の限られたマーケットの中で、同じ飲食でも魚専門、肉専門、などと少しずつ店の業態のメーン食材をずらして展開している。 

生産者との出会い
 たまたま入った東京の居酒屋の刺身がまずかった。東京の知人が「普通(の味)だ」と言ったことにも驚いた。帯広で生まれ育ち、当たり前のように食べてきた食材は実はすごい価値あるものだと気づかされた。同時期、飲食店経営の先輩「掛村」の掛村真二社長に奨められ一緒に農家さんを回った。そこで芽室の生産者グループ「なまら十勝野(とかちや)」に出会った。「芽室の農業が日本を元気にする」と言っていた。感動し、ぜひ使いたいと思った。

作業体験も
 グループ全体で、十勝中心に20軒の生産者と取り引きする。店のスタッフと一緒に生産地を訪れ、作業体験もさせてもらう。すると、スタッフは食材を大事に使うようになり、お客様への紹介も上手くなった。1年くらい前からは自社店舗で、生産者に作業着のままこだわりなどをプレゼンしてもらう取り組みを始めた。

Vol.2 地元活性化への思い

Vol.2 地元活性化への思い



 空洞化する街なかに少しでも人が戻ればという思いで出店した。
 経営的にもメリットがある。例えば忙しい店舗があると、別の店舗から人を回し人件費を抑えることができる。

昨年の台風被害を経て
 台風後も、生産者にとっては大変な状況が続いている。生産者がマチに出ないと街も閑散することから、何かできないかと考えた。
「元気だ十勝」と言って士幌牛ステーキを食べると、暗示じゃないけど、元気になってくれるのではないかと。安易な発想かもしれないが、予想以上の利用があった。

Vol.3 経営現状と将来展望

Vol.3 経営現状と将来展望



 店舗運営をしっかり維持できる数字として、売上高に占める原材料費と人件費の割合を決め、その数字を超えないよう常にチェックしています。

人材育成
 研修は新人や店長向けなどをさまざまな形で行っている。「独立支援制度」もある。会社として出店資金を出し、直営スタッフとして店長を経験してもらって数値管理や人の管理ができるように育成するもので、実際に独立した人もいる。

事業展望
 海外出店に興味がある。「十勝に行ってみたい」と思ってもらえる店をいつか作りたい。
 帯広圏では、現段階ですでに4つの新規出店が決まっており、来春までに20店舗体制を目指す。メニューと教育カリキュラムなどの仕組みを提供しロイヤリティをもらう「ライセンス店」も増やしたい。また、ラーメン店だった場所を改装し、セントラルキッチン体制を進める。
(市場が)拡大傾向にある通販事業をもう一つの柱にしたい。現在はカタラーナとプリンだけだが、「つくね」など中食にも取り組む。グループ全体で2年後に年商10億円を達成させたい。

佐藤慎吾(さとう・しんご)

佐藤慎吾(さとう・しんご)1976年帯広市生まれ。啓西小、西陵中、帯三条高卒。児童養護施設への支援活動などを展開するNPO法人スマイルリング(幕別)理事。妻(36)との間に11歳の長女と7歳の長男。

  • 1
  • 2
  • 3

Business News
勝毎電子版 関連記事

企業情報Information
企業情報

法人名 株式会社エイムカンパニー
エイムカンパニー
創業 創業:1999年10月
業種 飲食業、通信販売事業、コンサルタント事業
資本金 0500万円
従業員数 100人
所在地 〒080-0026
帯広市西18条南2丁目10-17
TEL 0155-66-5000
FAX 0155-66-4883
WEB
MAIL post@aimcompany.info
年商 2016年4月期 5億2514万1449円
2015年4月期 3億9157万4673円
2014年4月期 2億9283万5370円
2013年4月期 2億3102万3897円
2012年4月期 1億8276万8955円
代表取締役 佐藤 慎吾
統括 山本 和輝

主な役職者名

和鮮食場 一心
〒080-0011 帯広市西1条南10丁目5 TEL / 0155-24-3789 FAX / 0155-24-3789
ラーメン拾丁目食堂
〒080-0011 帯広市西1条南10丁目12-4 TEL / 0155-22-8566 FAX / 0155-67-7005
Jail flowers
〒080-0011 帯広市西1条南10丁目1 ローヤルプラザビル1F TEL / 0155-67-6414 FAX / 0155-67-6424
ダシたこたこ焼 とろたこ屋
〒080-0011 帯広市西1条南10丁目9-2 TEL / 0155-23-9139 FAX / 0155-66-5001
ふらり寿司 蝦夷の漁
〒080-0011 帯広市西1条南10丁目10 十勝乃長屋 TEL / 0155-23-7977 FAX / 0155-23-7977
居酒屋ぼーの帯広店
〒080-0012 帯広市西2条南10丁目7-1  TEL / 0155-67-1270

支社・支店関連会社等

沿 革
1999年 創業、ジェイルハウス open
2002年 和鮮食場一心 open
2007年 ラーメン拾丁目食堂 open
2008年 (株)エイムカンパニー設立
2010年 ふらり寿司蝦夷の漁 open
2011年 ジェイルフラワーズ open
2012年 ダシたこたこ焼とろたこ屋 open
2012年 居酒屋ぼーの帯広店 open
2014年 浜直活鮮 魚の一心 open
2014年 十勝串カツ味楽亭 open
2014年 十勝らーめん四丁目食堂 open
2015年 産直十勝 個室乃一心 open
2016年 炉端の一心 open
2016年 肉ビストロ isshin open
2016年 スープカレー奥芝商店帯広本店 open
2016年 とろたこ屋 open
2016年 十勝北海道宴の一心 open
2017年 個室居酒屋Dining一心~暁~ open
2017年 味楽瑠亭、四丁目食堂 台湾催事出店

KACHIMAI BUSINESS勝毎ビジネス