勝毎ビジネス -KACHIMAI BUSINESS-

北海道十勝の企業情報サイト「勝毎ビジネス」

勝毎ビジネスは地元経済の専門サイトとして、ローカルな企業情報を提供します。十勝には、商工業にかかわる1万6000余の事業所があります。その中には全国、世界へ飛躍する企業も存在し、基幹産業である農業の発展とともに注目されています。人口減少という地域課題を抱えているものの、豊かな自然に恵まれた大地を背景に、さらなる発展の可能性を秘めた十勝。U・I・Jターンを誘発し、地域がより豊かになることを目指し、積極的に情報を発信します。

  1. 勝毎ビジネス
  2. 卸売・小売業
  3. UDトラックス道東株式会社

UDトラックス道東株式会社

社員持株制で労使間の緊張と業績保つ

 道東地域にあった日産自動車株式会社の販売各社再編、統合によって、1971年に旭川日産自動車株式会社から日産ディーゼル系の営業権を譲り受け、日産ディーセル道東販売株式会社として発足。本店を帯広、釧路、北見に営業所を構え、旧日産ディーゼル工業(現UDトラックス)が製造するトラックやバス、日産自動車が製造する日産フォークリフトを道東エリアで販売。2006年に筆頭株主だった日産自動車の株式がスウェーデンの重型トラックメーカー「ボルボ社」に売却され、同社の傘下となり、10年に社名を改めた。「同志結集」を経営理念に掲げ、社員持株制を導入するなどして労使間の緊張感を保ちつつ、優れた業績を維持している。

十勝の社長に聞くTop Interview
十勝の社長に聞く

Vol.1 日産ディーゼルからUDトラックスへ社名変更

Vol.1 日産ディーゼルから…


新しいブランド名の浸透は―
 ボルボとの新しい資本関係の中で社名を「日産ディーゼル道東販売」から「UDトラックス道東」に変更した。自動車卸売業界の中では、社名変更で不都合を感じたことはないが、世間一般の知名度はまだまだ低い。物流の大切さをより多くの人に分かってもらうために、新しい社名の知名度を上げる努力をしている。物流業界の稼動を最も高めることができる会社になるための取り組みを社員一丸となって進めている。

「当たり前のことを当たり前にやりきる」社員教育
ブランドイメージを高めるために―

 ブランドイメージを高めるために広告宣伝も一つの手ではあるが、しっかりとした社員の教育をベースに、「当たり前のことを当たり前にやりきる」といった、行動と実践を積み重ねなければ、本当の意味でのブランドイメージは出来上がらない。3、4年前から毎年、二桁の従業員の採用を続けてきたので、現在の年齢構成比は、10〜30代が7割ほどになっている。しっかりとした社員教育、行動、実践を積み重ねながら、広告宣伝に見合うような会社にしたい。

Vol2. ディーラーとして販売・整備業界フォロー

Vol2. ディーラーとして販…


関係が深い自動車販売・整備業界の課題―
 業界には3つの課題がある。1つ目は、排ガス規制含めた環境への配慮と、不安定な燃料代への対応。2つ目は人材確保。全国的にみて、20代のドライバーは10%程度で、30代でも2~3割程度となっており、業界は若手の人材確保に憂いている。3つ目は、労務のあり方の整理。新しい業界のあるべき姿を模索している過渡期にあり、ディーラーとして業界へのフォローを含め考え方を変えていく必要がある。

Vol3. 「同志結集」で緊張感保つ

Vol3. 「同志結集」で緊張…


創業の理念は―
 創業者の「全員の会社にしたい」、「従業員にも経営的な意識を高めてほしい」との理念から、50人近い社内株主がおり、株を持っている従業員に、毎年10%の株主配当をしている。お互いが経営者の一員であり、株主に対する責任も果たさなければならない。いい意味の緊張感の中で業績が保たれている。従業員と経営者、労使関係ではなく、同じ志をもって新しいマーケットに参加する「同志結集」という言葉が創業の理念になる。

物流を支える誇りある仕事
将来、目指すべき方向性―

 物を運ぶということが、いかに世の中のためになっているかということを多くの人に理解してもらうために、訴えかけができる会社になりたい。大切な物流を支える、誇りを持てる仕事をしていることを実感し、数字と理念をバランスよく両立しながら進んで行きたい。

金尾 泰明(かなお・やすあき)

金尾 泰明(かなお・やすあき)1971年6月10日、幕別町生まれ。UDトラックス道東株式会社代表取締役社長。札幌学院大学商学部経済学科卒。94年4月、株式会社ニトリ入社。同年10月、帯広日産自動車株式会社入社。99年4月、日産ディーゼル道東販売株式会社入社。同年11月、株式会社メカネット道東に転籍。2003年5月、日産ディーゼル道東販売株式会社取締役。08年5月、同社常務取締役。10年5月、UDトラックス道東株式会社代表取締役副社長。11年5月から現職。14年5月、帯広地方自動車事業協同組合青年部部長。

  • 1
  • 2
  • 3

Business News
勝毎電子版 関連記事

企業情報Information
企業情報

法人名 UDトラックス道東株式会社
ユーディートラックスドウトウ
創業 1971年(昭和46年)8月
代表者 代表取締役社長 金尾 泰明
業種 自動車卸売業
資本金 8000万円
従業員数 144人
所在地 〒080-2461
帯広市西21条北1丁目3-12
TEL 0155-37-2276
FAX 0155-37-2619
WEB
MAIL ud-doto@polka.ocn.ne.jp
初任給・賞与 182,000円
賞与4.0ヶ月
福利厚生 各種社会保険完備、退職金制度(確定拠出年金、自社退職金)、慶弔見舞金制度
年商 2014年3月期 69億2200万円
2013年3月期 57億3300万円
2012年3月期 57億9400万円
2011年3月期 51億8400万円
2010年3月期 53億6800万円
代表取締役社長 金尾 泰明
専務取締役 工藤 和郎
常務取締役 西嶋 稔
取締役 北見支店 支店長 吉田 真一
監査役 佐藤 雅志
監査役(非) 黒川 隆史
執行役員 帯広支店 支店長 高橋 賢児
執行役員 釧路支店 支店長 坂本 富美男
執行役員 アフターセールス本部長 滝口 勇二

主な役職者名

UDトラックス道東株式会社 帯広支店
帯広市西21条北1丁目3-12
UDトラックス道東株式会社 釧路支店
釧路市鳥取大通6丁目8-11
UDトラックス道東株式会社 北見支店
北見市東三輪1丁目28番2号
UDトラックス道東株式会社 中標津営業所
中標津町東37条南1丁目6番1号
UDトラックス道東株式会社 網走営業所
網走市字藻琴35番69号
UDトラックス道東株式会社 紋別営業所
紋別市渚滑町1丁目30番
株式会社 メカネット道東
帯広市西24条北2丁目5-25
UDトラックス株式会社
埼玉県上尾市大字壱丁目1番地

支社・支店関連会社等

沿 革
1971年 日産ディーゼル道東販売設立。本社・帯広支店、釧路営業所、北見営業所の3拠点で営業開始
1978年 紋別営業所開設
1979年 中標津営業所開設。網走営業所開設
1988年 産業機械部設立。日産フォークリフトの販売を十勝支庁管内で開始
2010年 「日産ディーゼル道東販売株式会社」から「UDトラックス道東株式会社」に変更

UDトラックス道東

UDトラックス株式会社が製造販売する大型トラック「Quon(クオン)」

KACHIMAI BUSINESS勝毎ビジネス